大罪人の祈り

「祈る」とはどういうことなのか。「祈り」は叶うのか。「祈り」で人生、成功できるのか。

スポンサードリンク

誰に祈るのか③

日本にたくさんいる、神様。

どの神様に祈るのか、それは個人の自由です。

 

しかし、やっぱり私は一番偉大な神様を信じたいし、祈りたい。

 

一番偉大な神様とは、天地万物を造られた神様。

そして、命を造られた神様のことです。

 

なぜ、私たち人間は生きているのでしょう。

と、言うと

何だか哲学的な難しい話になりそうですが、そうではなくて

 

なぜ、人間の心臓は動くのか。

なぜ、人間は考え、自発的に行動するのか。

その仕組みはどうなっているのか、ということです。

 

あるバラエティ番組で、医療評論家の方がコメントされておりました。

「人間は、全て脳からの電気信号で動いている。生きているとは、その信号が脳からきちんと出ている状態のこと。だから、霊とか魂とか、関係ないんですよ。」

と、こんな感じのコメントでした。

 

それは分かります。実際、脳から電気信号は出ているのだと思います。

 

でも、それだけでは「霊とか魂とか」を信じる人と意見は平行線です。

 

要するに、「脳から電気信号」が出るように仕組んだのは誰か、と。

もっと言えば、「電気信号」なるものを作ったのは誰なのか、ということです。

 

それこそ、人間を造られた方の仕事としか、私には考えられません。

 

人間だけではなく、他の動物だって同じことです。

植物だってそう。

 

なぜ、花はあんなにキレイな色に咲くのですか?

種の保存のため、虫たちをおびき寄せるから?

電気信号によって?

植物に脳は無いですよ?

 

ウーン。。。(+_+)

 

人間を形成している物質は、地球上に全て存在するそうですね。

アミノ酸とか、そういう物質のことですが。

 

しかし、じゃあ、その物質を集めて来て人間を組み立てろ、と言われてもできない。

 

では、なぜ人間やその他の生き物は今、世界中にいるのでしょう。

誰が、最初に物質を集めて組み立てたのでしょう。

 

やっぱり、命の成り立ちって、科学理論でどれだけ突き詰めても、最後には

 

「偶然」

 

という言葉を使わなくては説明できないと思うのです。

そして、それは本当に「偶然」なのか。

科学に「偶然」なんてあるのか。

 

そのあたりが、意見の分かれ道ではないでしょうかねえ。

 

 

広告を非表示にする

スポンサードリンク