大罪人の祈り

「祈る」とはどういうことなのか。「祈り」は叶うのか。「祈り」で人生、成功できるのか。

スポンサードリンク

「祈る」ってどういうことなんだろう。

「祈る」ってどういうことなんだろう。

 

困ったとき、願い事があるとき、思わず祈った経験のある人は、意外に多いと思います。

 

宗教をもっている人なら、その宗教の祈り方があるかもしれません。

そうでない人も、無意識の内に心の中で何かを念ずること。。。

日常の中で結構あるのではないかと思います。

 

「願をかける」のも、祈りのひとつ。

「ゲンを担ぐ」というのも、祈りの行為といえますね。

 

科学万能の時代に、得体の知れない「見えない力」にすがることって、とても滑稽ではありませんか?

 

人はなぜ祈るのでしょうか。

自分ではどうにもならないと感じるからでしょうか。

自分でどうにもならないのなら、他の誰かに頼んでみるのもひとつの方法です。

でも他の誰かではなく、思わず「見えない何か」に頼ってしまうのはなぜでしょう。

 

「見えない何か」ってなんですか?

 

見えない何かに、あなたの大切なことをお願いして良いのでしょうか。

見えないものに、あなたの願いを叶えることなんてできるのでしょうか。

 

とりあえず、祈るだけ祈ってみて

ダメでもともと?

叶えばラッキー?

 

そもそも、祈りなんて叶うのでしょうか?

あなたの周りに、「祈ったら願いが叶った!」と言っている人はどれくらいいますか?

 

このブログでは、分かっているようで分からない「祈る」という行為について、考えていきたいと思います。

 

もしよろしければ、お付き合いください。

広告を非表示にする

スポンサードリンク